デザインの本質には「正義」という価値が含まれています。
東京五輪エンブレムの問題は、風化の一途を辿っていますが、 ここで顕在化した不正の数々を忘れてはいけません。
尊敬していたデザイン界の大先輩達の保身・隠蔽体質の無残! あの高貴なデザイン作品は「見かけ倒し」だったのかも知れません。

選考委員メンバーであった平野敬子さん。
彼女の公式ブログは、不正の真相を果敢に かつ精緻に啓発しています。
http://hiranokeiko.tokyo

審査過程の不正を通して見えるのは、デザイン村に巣くう利益誘導という図式。
昨今の政治の問題と同根であって、日本全体を覆っている弊害です。これを放置してデザインへの信頼はあり得ません。

2017.07.18 町田秀夫

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得